脱毛器

脱毛器 > 家庭用脱毛器はどの部分なら安全に使える?

家庭用脱毛器はどの部分なら安全に使える?

クリニックやエステサロンでの脱毛は、費用の面でちょっと…という話を聞いたことがあります。 でも、毛抜きで抜くとかシェーバーや剃刀を使うと、肌を傷めたりきれいに仕上がらないと悩んでいる人も結構いるのです。 できるだけお金と手間と時間をかけずきれいに脱毛したい!という人が家庭用脱毛器を購入するケースが多いようです。

では家庭用脱毛器というのは、安全性や機能性の面で、はたして大丈夫なのでしょうか。 安全性の点からは、火傷をしたりあざになったりということはないのか、機能性の点ではきれいに脱毛できるのか、持続性はどうなのか、体のどの部位なら使えるのかなど疑問に感じることがあると思います。

家庭用脱毛器で数多く出回っているのは「フラッシュ脱毛器」というタイプです。 「フラッシュ脱毛器」は、かなり明るい光をあてることで脱毛するもので、火傷や皮膚がんのおそれはないのかと心配される人が多いようです。

でもフラッシュ脱毛器のことを調べると、説明書に従った正しい使い方をしていれば心配いらないということがわかります。 フラッシュ脱毛器で使われている光の元はは『キセノンランプ』という“高輝度放電灯”の一種で、キセノンガス中での放電による発光を使ったランプから発せられます。

簡単に言うと「キセノンランプ」は、太陽光の成分と同じ光だそうで、太陽光との違いは紫外線などの人体に害のある成分は取り除いてあることだそうです。 つまり、「フラッシュ脱毛器」で脱毛しても皮膚がんになる心配はないということですね。 しかし、説明書に反して禁止事項を守らないと火傷などの危険があるようです。

家庭用脱毛器は、体のどの部分にでも使えるわけではありません。 むだ毛といっても同じ体毛なのだから、どの部分の毛でも使えるだろうと考えてはいけません。 家庭用脱毛器を使っても良い部分と使ってはいけない部分があるのです。

まず、大体の脱毛器で使用可能な部分とされているのが、腕・わき・ひざ下・太ももです。 季節にもよりますが最も人目にふれる部分なので、脱毛を考える部位の上位に数えられる場所ですね。 顔・おなか・背中・Vラインは脱毛器によって異なり、使用可能なものもあればそうでないものもあるので、注意書きをきちんと読むことが必要です。


光脱毛~サロンで脱毛する場合と家庭用脱毛器を用いる場合

光脱毛は、最近エステサロンなどで主流となっている脱毛法です。 名称の通り毛根に光(フラッシュ)を当ててダメージを与えることにより、脱毛を促すという方法です。 一回ではあまり効果を感じることはできませんが、繰り返し通って光を照射するうちに、少しずつ毛がなくなっていきます。

光脱毛はレーザー脱毛や針脱毛等と比べると痛みが少なく、負担が少ない施術方法です。 でも光を当てる時に一瞬痛みを感じる人もいるので、心配であればカウンセリングを受ける時に痛みについて聞いてみたり、お試しで一度施術を受けてみると安心できるでしょう。

最近では脱毛サロンだけでなく、家庭用脱毛器で光脱毛をする人も増えています。 家庭用脱毛器の性能が良くなり、価格も手に入れやすいところまで落ち着いてきたので利用する人が増えたのです。

脱毛というのはサロンに通う時間もかかりますし、費用も高額です。 またエステティシャンに任せるということで、若干の恥ずかしさを感じる人も結構多いのです。 家で脱毛ができるなら、その方がいいという人が多いのも分かる気がします。 でも実際に自分自身で脱毛を行うと、いろいろと問題点も生じるようです。

たとえば脱毛する時に脱毛部位を冷却しなければならないため、案外時間がかかるのが面倒だという人もいます。 次々とスピーディーに脱毛できればいいのですが、冷やす間じっと待たないといけないのは結構ストレスがたまるものです。

また背中など、自分では脱毛しづらい部分もあるので、家族などに頼めない場合はちょっとつらいかもしれません。 多少料金がかかってもいいから、プロの手に任せたいと思う人も実際には多いようです。

なお、脱毛サロンに通う場合も家庭用脱毛器を使う場合も共通する注意点として、日焼けは厳禁ということがあります。 脱毛の光は毛根の黒い部分に反応するため、日焼けすると皮膚にも光が反応してしまい、やけど状態になってしまうのです。 また、ホルモンバランスの変化により通常よりも皮膚が敏感になる妊娠中も脱毛はできません。