看護師の転職に適した時期とは?

看護師は転職率が高い仕事として知られていますが、どのタイミングで転職すればいいのか悩んでいるという人もいるかもしれません。実際に転職を検討している看護師の多くは、半年以内に転職したいと考えているケースが多いようです。

ただ、中にはいつ転職するという具体的なことは考えていないものの、今の職場に不満があるため、良い求人情報が出たら転職したいという人もいます。

転職活動を成功させるためには、タイミングを見計らうことが非常に大切だと言えるでしょう。というのも、時期によって求人数の数が大きく変わるだけでなく、条件なども変わってくるからです。

まず、4月と9月は季節の変わり目ということもあり、求人数が増える傾向にあります。それから、夏と冬の賞与後も賞与を貰ってから辞めるという人が多いため、同時に求人数も増えます。

こういったタイミングはいろいろあるものの、最も求人数が増える時期といえば、4月だと言えるでしょう。また、4月の転職は新卒者以外にもメリットがあります。それは、この時期から入社した新卒者向けに研修に力を入れている病院が多いということです。そのため、4月の新卒者が就職するのに合わせて転職をすると、基礎的な研修を受けることができる可能性が高くなります。

次に、12月や1月といったタイミングも転職におすすめの時期です。4月に求人情報が増えると紹介しましたが、その求人情報は4月に一気に出されるのではなく、12月頃から少しずつ増え始めます。12月頃から求人情報をチェックしておけば、4月に向けて増え始めた求人情報をいち早くチェックすることができるのです。

逆におすすめできないのが2月や3月に転職するということです。この時期は4月に向けて出ていた好条件の求人情報が既になくなっている時期でもあります。

ただ、看護師は1年を通して求人数が多い職種なので、あまり時期を気にしすぎるのもよくありません。転職したい、しなければと感じたタイミングで転職活動を始めるといいでしょう。

看護師の転職のタイミング

転職を考える看護師は非常に多いですが、何も考えずに適当に転職活動を始めてしまうのはおすすめできません。まず初めに考えたいことが、今の仕事を続けながら転職活動をするのか、辞めたうえで本格的に転職活動をするのかという点です。

これは、人によってメリットと感じる部分とデメリットと感じる部分が違うので、どちらがいいとは言えません。自分にとってメリットが大きいほうを選択したほうがいいでしょう。

まず、仕事をしながら転職活動をするメリットといえば、継続して収入が得られるという点です。貯金がないという人の場合、こちらの方法を選択することになるのではないでしょうか。

それに、転職活動をしたからといって、必ずしも自分にとって理想的な職場が見つかるとは限りません。働きながら転職をする場合、もしも転職活動を始めたタイミングで理想的な職場が見つからなかった場合、一時的に転職活動を停止することもできます。

逆に働きながら転職活動をするデメリットについてですが、やはりなかなか時間が取れないため、転職活動が難航しがちだということが挙げられるでしょう。看護師はただでさえ忙しいので、休日などを利用して上手に情報収集をしなければなりません。また、魅力的な職場が見つかったとしても、なかなか双方で面接希望日が合わないということも考えられます。

次に仕事を辞めたうえで転職活動をする場合のメリットについてですが、時間が自由になるので本格的に職探しができるというのが大きなメリットです。良い職場が見つかればすぐにでも面接をお願いすることもできますよね。

しかし、デメリットとして無収入の状態で職探しをしなければならないということもよく考えておく必要があります。すぐに気になる仕事が見つからなかった場合、ブランクも長くなってしまいます。どちらにしようか迷っているという人は、24時間職探しができる転職サイトを活用し、働きながら転職活動をするのがおすすめです。

ページの先頭へ