認定看護師 透析看護の仕事

透析を受ける患者と、その家族をサポートできるのが透析看護の認定看護師です。 最適なケアを行うだけではなく、安全に透析技術を提供するための対策をとったり、協力して患者さんをサポートするその他の医療関係者の方に対して指導をするという役割も持っています。

透析患者の数は非常に多く、毎年1万人というペースで増加していると言われているため、今後もさらなる活躍が期待できる立場にあるといえるでしょう。

透析看護の認定看護師は透析治療に関するスペシャリストとして多くの患者さんを支えていける存在です。

主な仕事内容は安全に透析技術を行なうこととなっており、患者さんに対しても病症や治療についてわかりやすく説明を行わなければなりません。

例えば、末期の腎不全患者さんに対しては治療にいくつかの選択肢があるため、患者さんが自分にとって本当に適切で最適なものを選ぶことができるように、治療内容や体の状態などについて分かりやすく具体的に説明する必要があるのです。

透析看護の認定看護師が触れ合うのは患者さんだけではありません。 そのご家族に対しても必要な知識や情報を提供し、ともに支え合いながら治療に向かい合う形となるでしょう。

そもそも透析看護というのは、透析を行わなければ生命を維持することができなくなった方に対する治療ということもあり、それを担当する看護師はとても重要な役割を持っているわけです。

生きていく上で、人工透析を続けなければならないことに苦悩を抱えている患者さんも多いたでしょう。 そういった方を精神的にしっかりとサポートしすることも重要になるため、高いコミュニケーション能力が必要となるでしょう。

透析管理だけでなく、普段の生活に関する調整なども担当することがあるため、総合的に患者さんを支えていける立場にあります。 透析患者数が年々増えていることもあり今後もさらに活躍の場は広がっていくと考えられるので、透析看護の認定看護師についてもチェックしてみてくださいね。

ページの先頭へ